科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > ハエトリソウ 30秒以内に2回の接触刺激で葉を閉じ虫パクリ

2020.10.16 研究・成果

ハエトリソウ 30秒以内に2回の接触刺激で葉を閉じ虫パクリ

基礎生物学研究所の須田啓さん(大学院生)と長谷部光泰教授らの研究グループは埼玉大学、神戸大学、一橋大学などと共同で、食虫植物のハエトリソウが30秒以内の2回の刺激で葉を閉じる記憶の仕組みを解明したと発表した。ハエトリソウにカルシウム(Ca)イオンと結合して緑色蛍光を発するタンパク質遺伝子を導入し、Ca濃度の変化を可視化することで、この仕組みがCaイオン濃度の変化により起きていることを明らかにした。1回目の刺激でCaイオン濃度が上昇し、2回目の刺激でCaイオン濃度がそれに上乗せされることで閾値を超え、葉が閉じることがわかった。植物の動きや進化の研究に貢献する成果と期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202008-10
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール