科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 【通信機器の中期需要予測】コロナ禍で低迷、5G端末・基地局が伸展

2021.01.08 産業・製品

【通信機器の中期需要予測】コロナ禍で低迷、5G端末・基地局が伸展

(一社)情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は、2020~2025年度「通信機器中期需要予測」を発刊した。それによると、20年度については、新型コロナ禍の影響で通信機器市場全体は低調に推移し、通信機器需要総額は3兆584億円、対19年度比4・6%減と予測した。21年度以降については、テレワークなどを推進するための通信インフラ整備・強化が進み、5GやAIなどの新技術・新製品開発によって社会のデジタル変革が進展するとし、通信機器市場も25年度に向けて拡大するため、25年度の需要総額は3兆4382億円、19年度比で7・2%増になると予測した。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202101R3予算セミナー
  • キーサイト-202008-10
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール