科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 優位なサルは冬も快適 集団内部で暖かい位置確保

2021.02.19 研究・成果

優位なサルは冬も快適 集団内部で暖かい位置確保

ニホンザルは冬季に寒さをしのぐため、集団のメンバーが身体を寄せて「サル団子」を形成する。京都大学霊長類研究所の石塚真太郎研究員は、香川県小豆島の銚子渓に生息するニホンザルのサル団子では、優位なオスほどその内側で多くの個体と接触していることを明らかにしたと発表した。サル団子の写真100枚をもとに、オスの順位とサル団子内の位置、接触個体数の分析することでわかった。ニホンザルのオスは高順位であるほど効率よく寒さをしのげていると考えられた。動物の集団生活や行動の理解につながる成果と期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202103-04_ファインケミカル2021
  • キーサイト-202008-10
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール