科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 大型類人猿「ボノボ」が他集団の子を養子に

2021.04.02 研究・成果

大型類人猿「ボノボ」が他集団の子を養子に

京都大学霊長類研究所の徳山奈帆子助教と戸田和弥研究員、石塚真太郎研究員らの研究グループは、アフリカ・コンゴ民主共和国ルオー学術保護区に生息する大型類人猿の野生ボノボ集団で、メスが他の集団の子供を「養子」として受け入れた2例を発見したと発表した。これまで大型の類人猿では血縁や過去の交友関係のない子供を養子にする事例は確認されていなかった。糞のDNA分析により養母と養子には血縁関係がないことも確認。養母は1年以上の長期にわたり養子の養育を続け、現在も養子は順調に成育しているという。現代の人にみられる血縁関係にない養子縁組や、見知らぬ他者へ手助けできる特徴の進化解明につながる成果と期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • キーサイト-202008-10
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202103-04_ファインケミカル2021
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール