科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「注目論文数 日本10位に後退」国際的地位低下 歯止めかからず NISTEPが科学技術指標・ベンチマーキング2021公表

2021.08.20 政策 その他

「注目論文数 日本10位に後退」国際的地位低下 歯止めかからず NISTEPが科学技術指標・ベンチマーキング2021公表

 

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、日本と主要国の科学技術活動を、客観的・定量的データで把握する科学技術指標2021と、論文数に関するデータを分析した科学研究のベンチマーキング2021を公表した。注目度の高いトップ10%補正論文数では、日本はインドに抜かれて10位にまで後退、一方で中国が米国を抜いて世界第1位となった。伊神正貫科学技術予測・政策基盤調査研究センター長は「世界の主要国が政府研究開発投資を増やしている中、教員数の伸び悩み、研究時間割合の低下、博士課程在籍者数の停滞、原材料費の減少などによって、論文数はある程度維持しているものの、相対的な日本のシェアが低下した結果ではないか」という。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • デジタル版購読募集
  • 202204-202303_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール