科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「空気中の新型コロナウイルスを1分以内に検知」ボールウェーブ、東北大など装置開発

2021.10.08 研究・成果

「空気中の新型コロナウイルスを1分以内に検知」ボールウェーブ、東北大など装置開発

ボールウェーブが開発したガスクロマトグラフィー装置を手にする山中名誉教授。ウイルスセンサーも同様の大きさになるという。

 

空気中の新型コロナウイルスを迅速に検知することができれば、施設の入り口でウイルスチェックをするだけで、マスクなしでコンサートや飲み会などができるようになる。ボールウェーブ、東北大学大学院医学系研究科、豊田合成は、ボールSAWセンサーを応用して空気中のエアロゾルから新型コロナウイルスを1分以内に検出するセンサーを開発した。特性や感度などの課題を今後1年以内に解決し、2023年には実証、24年から販売する計画だが、山中一司東北大学名誉教授(ボールウェーブ取締役)は「できる限り予定を加速させ、早く社会に提供したい」と意気込む。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202107-09日立ハイテク
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール