科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 糖鎖解析プロジェクト実施へ 東海国立大学機構、自然科学研究機構、創価大が連携・協力で覚書

2021.11.19 大学等 研究機関

糖鎖解析プロジェクト実施へ 東海国立大学機構、自然科学研究機構、創価大が連携・協力で覚書

左から、自然科学研究機構の小森彰夫機構長、東海国立大学機構の松尾清一機構長、創価大の田代康則理事長、門松健治プロジェクト代表

 

動物や植物には、3つ重要な分子の鎖がある。核酸で構成されるゲノム、アミノ酸がつながったタンパク質、そして単糖が集まった糖鎖だ。ヒトゲノムやタンパク質の構造や機能が次々と解明され、生命科学は飛躍的に進展したが、様々な疾患を制御し細胞の個性を決める糖鎖は、解析が難しいために大きなフロンティアとして残されている。東海国立大学機構、自然科学研究機構、創価大学は、糖鎖研究の基盤となるライブラリを構築し、日本が世界をリードするヒューマングライコームプロジェクトを実施するため、連携・協力に関する覚書を締結した。門松健治プロジェクト代表(名古屋大学・岐阜大学糖鎖生命コア研究所長)は「5年間で約2万人の血液に含まれる全糖鎖を解析し、ライブラリを公開し、他分野融合研究を促進することで、日本がリードしてきた糖鎖研究で世界を先導し、生命科学を革新したい」と意気込む。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202201R4予算セミナー
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール