科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 老化神経幹細胞制御でニューロン新生 老齢マウスの空間把握と記憶能力回復 京大が成果

2022.01.14 研究・成果

老化神経幹細胞制御でニューロン新生 老齢マウスの空間把握と記憶能力回復 京大が成果

加齢とともに脳内の神経幹細胞の活動は低下していき、高齢になると新たな神経細胞は生まれなくなる。京都大学ウイルス・再生医科学研究所の貝瀬峻研究員、影山龍一郎客員教授らの研究グループは、老化神経幹細胞がPlagl2の強制発現とDyrk1aの抑制によって若返ることを発見した。実際に、マウスの海馬歯状回で遺伝子発現を誘導したところ、ほぼ神経幹細胞が機能していなかった高齢マウスでもニューロン新生が起こり、空間把握と記憶能力が回復することを実証した。影山客員教授は「4月から理研に移り、霊長類のコモンマーモセットを使った脳機能回復について検討を進めている。エーザイと共同研究で、効果や機序の解析をともに進めており、これから1年ほど検討を進め、その後、治療法や治療薬の開発につなげたい」と話している。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202201R4予算セミナー
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202112-202201_nanotech2022
  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール