科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。
毎週金曜日発行

TOP > 最新記事一覧 > 「学術会議の独立性を毀損」国内ノーベル賞受賞者ら政府示す「改革案」に懸念

2023.03.03 政策

「学術会議の独立性を毀損」国内ノーベル賞受賞者ら政府示す「改革案」に懸念

会見に臨んだ日本学術会議の梶田隆章会長(右)と菱田公一副会長

 

「学術の終わりの始まり」になってしまうのか。昨年12月、日本学術会議の改革案が政府から示されたが、非公開の検討プロセスに加え、学術会議の独立性を損なう内容になっていることについて、国内のノーベル賞・フィールズ賞受賞者や歴代学術会議会長、80の学協会などが懸念する声明を出している。さらにイタリアのリンチェイ科学アカデミー、ドイツの国立科学アカデミー・レオポルディーナも、この状況への懸念と学術会議への連帯を表明した。仮に法案が提出され成立すれば、G7議長国である日本は世界から「非常識な国」というレッテルを貼られることになるだろう。

 

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail
  • 202312-202412バイテク情報普及会A案
  • デジタル版・SNW購読募集
  • 202304-202403_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール