科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。
毎週金曜日発行

TOP > 最新記事一覧 > 害虫の天敵昆虫育成「粘り強い性質に」 農研機構、系統選抜で防除効果確認

2024.01.26 研究・成果

害虫の天敵昆虫育成「粘り強い性質に」 農研機構、系統選抜で防除効果確認

農研機構の世古智一上級研究員

 

農研機構植物防疫研究部門作物病害虫防除研究領域の世古智一上級研究員らの研究グループは、ナスをはじめとした野菜類の重要害虫アザミウマ類の天敵昆虫として利用されているタイリクヒメハナカメムシについて、「すぐにあきらめない」性質を有する系統を選抜・育種することに成功し、同系統が通常の系統より防除効果が高いことを明らかにしたと1月17日発表した。歩行活動量を指標に餌探索を長く行う系統を選抜。施設栽培で改良していない系統と比較することで実証した。2030年の農薬登録を目指し、今後はさらなる機能強化を行っていくという。化学農薬のみに依存しない環境調和型農業の実現につながる成果と期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail
  • 202312-202412バイテク情報普及会A案
  • デジタル版・SNW購読募集
  • 202304-202403_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール