科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。
毎週金曜日発行

TOP > 最新記事一覧 > 服に貼れる薄型有機太陽電池 理研が弱点だった耐水性能大幅改善

2024.02.09 研究・成果

服に貼れる薄型有機太陽電池 理研が弱点だった耐水性能大幅改善

開発した超薄型有機太陽電池を使って水中で発電をする様子

 

服に貼り付けることのできる超薄型有機太陽電池は、日常的なウェアラブルデバイスとして期待されているが、水に弱いことが大きな課題となっていた。理研創発物性科学研究センター創発ソフトシステム研究チームの福田憲二郎専任研究員、ション・スーシン特別研究員、染谷隆夫チームリーダーらの国際共同研究グループは、偶然の発見から、超薄型有機太陽電池の耐水性を改善し、水中でも駆動可能な素子の開発に成功した。福田専任研究員は「実験で失敗したデバイスを他のものと一緒にホットプレートに乗せて1日ほうっておいたら、耐水性能が向上することがわかった。無駄だと思って捨てていたら、今回の発見はなかった」と話す。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail
  • 202312-202412バイテク情報普及会A案
  • デジタル版・SNW購読募集
  • 202304-202403_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール