科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。
毎週金曜日発行

TOP > 最新記事一覧 > 冷却原子方式の量子コンピューター実用化へ 分子研と産業界10社が連携

2024.03.08 研究・成果

冷却原子方式の量子コンピューター実用化へ 分子研と産業界10社が連携

大森賢治教授

 

冷却原子(中性原子)方式の量子コンピューターの実用化に向けて、分子科学研究所と金融機関、企業など10社が、事業化検討プラットフォーム(PF)を設立し、事業化に向けた活動を開始した。2024年度中にスタートアップを設立し、冷却原子方式量子コンピューター実用化開発を進める。プロジェクトを主導する大森賢治教授は「26年度に試作機、30年度までには、1万量子ビット程度の実用レベルの誤り訂正(誤り耐性の前段階)ができる量子コンピューターを実用化し、社会に提供したい」と話す。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail
  • 202312-202412バイテク情報普及会B案
  • デジタル版・SNW購読募集
  • 202304-202403_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール