科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。
毎週金曜日発行

TOP > 最新記事一覧 > 「日本の研究力 復活への道探る」JSTが緊急シンポジウム

2024.03.22 イベント

「日本の研究力 復活への道探る」JSTが緊急シンポジウム

緊急シンポジウムのパネリスト。左から、理研創発物性科学研究センター副センター長の相田卓三氏、NIMS磁性・スピントロニクス材料研究センター上席グループリーダーの内田健一氏、室蘭工業大学コンピュータ科学センター教授の太田香氏、東京大学薬学部教授の後藤由季子氏、理化学研究所理事長の五神真氏、米カリフォルニア大学バークレー校教授の曽我健一氏、右端はモデレーターを務めたJST理事長の橋本和仁氏

 

日本の研究力が落ちた原因は何なのか。研究力を復活させるために、研究者・研究者コミュニティ、大学・研究機関、ファンディングエージェンシー(FA)、政府はそれぞれ何をしなければならないのか。JSTは、緊急シンポジウム「激論 なぜ、我が国の論文の注目度は下がりつつあるのか、我々は何をすべきか?」を開催した。会場には約100人が参加、オンラインでは1500人近くが視聴する注目度の高いイベントとなった。JSTの橋本和仁理事長は「課題は多岐にわたる。私ができることは今日からでも行うが、皆さんにも大学や研究の現場、行政など、それぞれの立場でできることを始めてほしい」と訴えた。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail
  • 202312-202412バイテク情報普及会A案
  • デジタル版・SNW購読募集
  • 202304-202403_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール