科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。
毎週金曜日発行

TOP > 最新記事一覧 > 「VRでラット解剖」お茶の水女子大と富士通が教材開発

2018.06.08 産学連携 大学等

「VRでラット解剖」お茶の水女子大と富士通が教材開発

開発したVRコンテンツをかこむ(左から)大崎特任講師、千葉副学長、吉村特任准教授

 

お茶の水女子大学(室伏きみ子学長)は、昨年から学生が参加する産学連携プログラム「オチャ・ソリューション・プログラム」を実施している。初年度は、同大学サイエンス&エデュケーションセンターが富士通と2016年から実施している理科教育のVR(仮想現実)教材開発に、教員を目指す3年次の学生4人が有志で加わりプログラムが実施された。同センターは、VR教材としてラットの解剖のVRコンテンツを提案した。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail
  • 202312-202412バイテク情報普及会B案
  • デジタル版・SNW購読募集
  • 202304-202403_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール