科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「日本初」ハイブリッド小麦開発

2018.10.12 研究・成果 大学等

「日本初」ハイブリッド小麦開発

福井県立大学生物資源学部の村井耕二教授は、ホクレン農業総合研究所、農研機構西日本農業研究センターと共同で、日本初の超多収ハイブリッド小麦を開発したと発表した。日長感受性細胞質雄性不稔(PCMS)系統を育成し、それを親品種に雑種強勢(ヘテロシス:雑種第1代が持つ優れた性質)を利用することで開発に成功した。作出したハイブリッド小麦は標準品種より20-60%も多収で4-5日早生な特性がある。国産小麦の多くは中間質小麦で主に麺用だが、作出した小麦は花粉親品種の硬質小麦の遺伝的効果で、これまでの日本産小麦にない性質を持っているという。食糧自給率の向上に貢献すると期待される。成果は9月22-23日、岡山大学で開催された日本育種学会第134回講演会で発表された。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • オカムラ_201809-201903
  • AMED革新バイオイベント_201809-201810
  • PHC_201809-201903
  • 科学新聞 デジタル版 購読申込はこちら
  • 科学新聞 ウェブ広告 募集中

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール