科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 科学的産地推定技術を採用 カシミヤ品質検査システムの実用性検証 

2018.11.30 産業・製品 研究機関

科学的産地推定技術を採用 カシミヤ品質検査システムの実用性検証 

(一財)ケケン試験認証センター(東京都文京区)とNTTは、科学的に産地を推定する工程を取り入れたカシミヤの品質検査システムの実証実験を12月から開始する。実際の品質検査工程の中で、従来の光学顕微鏡による目視検査に加え、NTTのレーザーガスセンシング技術を用いたカシミヤ産地推定システムで安定同位体比分析を行い、予め産地情報と関連付けて蓄積されているデータと照合してカシミヤの産地を科学的に推定し、その実用性を検証。2019年夏以降のサービス化を目指す。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201811-2019-03
  • オカムラ_201809-201903
  • PHC_201809-201903
  • 科学新聞 デジタル版 購読申込はこちら
  • 科学新聞 ウェブ広告 募集中

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール