科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「一見正常だが学習効果減弱」前臨床期アルツ病が健常高齢者の2割

2018.11.30 研究・成果 大学等

「一見正常だが学習効果減弱」前臨床期アルツ病が健常高齢者の2割

東京大学大学院医学系研究科の井原涼子特任助教と岩坪威教授らの研究グループは、アルツハイマー病の病理変化が生じているが、臨床症状のない「前臨床アルツハイマー病(プレニカルAD)」に、日本人の認知機能正常者60-84歳の2割程度が該当することを明らかにしたと発表した。またプレニカルAD患者の認知機能は正常範囲だが、3年間追跡調査すると記憶および遂行機能の検査で学習効果が減弱する傾向が見られた。J-ADNI研究データを用いた解析で明らかになった。アルツハイマー病の治験における被験者の効率的な選択や、新たな診断法開発につながる成果と期待される。成果は国際学術雑誌「Alzheimer’s & Dementia: Translational Research & Clinical Interventions」オンライン版11月21日号に掲載された。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201811-2019-03
  • オカムラ_201809-201903
  • PHC_201809-201903
  • 科学新聞 デジタル版 購読申込はこちら
  • 科学新聞 ウェブ広告 募集中

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール