科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「若手研究者に10年で計1億円助成」稲盛財団がフェローシップ創設

2019.03.08 研究費

「若手研究者に10年で計1億円助成」稲盛財団がフェローシップ創設

会見で若手研究者にエールを送った(左から)井村裕夫、中西重忠、小林誠、岡田清隆の各氏

 

思いもしない発見は基礎研究の中にある。そうした基礎研究に若い人が取り組めるよう、微力ではあるが我々としても支援し、現在の公的研究費制度に一石を投じたい-井村裕夫京都大学名誉教授(稲盛財団会長)は熱く語る。稲盛財団は、基礎科学の研究者に年間1000万円を10年間にわたって支援するフェローシッププログラムを創設した。1人に対して1億円のフェローシップというのは画期的だ。初年度となる2020年度の対象分野は「量子」で、5月末までに各大学等に募集要項を送付し、7月末まで受け付ける。

 

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-データロガー
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール