科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 新たなミニ肝臓創出技術を開発

2019.06.07 研究・成果 産学連携 大学等

新たなミニ肝臓創出技術を開発

東京医科歯科大学統合研究機構の武部貴則教授(先端医歯工学創成研究部門創生医学コンソーシアム)、大内梨江特任研究員(同)らの研究グループは、埼玉大学大学院理工学研究科の吉川洋史教授らのグループ、米シンシナティ小児病院との共同研究で、iPS細胞やES細胞などのヒト多能性幹細胞から、炎症や線維化を担う複数種類の細胞を内包した複雑なヒト肝臓オルガノイド(ミニ肝臓)を創出することに成功した。この新たなミニ肝臓創出技術は、患者数の多い脂肪性肝炎の特徴である炎症や線維化を生体外で再現することができるため、同技術を治療に有効な新薬の評価に応用することで、いまだ有効な薬剤のない脂肪性肝炎などへの新薬開発が期待できる。

東京医科歯科大学の武部貴則教授

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • JST-JASIS2019
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール