科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「グラフェンナノリボン 1段階で精密合成成功」名大グループ

2019.07.05 研究・成果 大学等

「グラフェンナノリボン 1段階で精密合成成功」名大グループ

名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所の(右から)伊丹健一郎教授、伊藤英人准教授、矢野裕太博士課程3年生

 

次世代炭素材料として期待されながらも、様々な形や大きさのものが混ざった状態でしか合成できなかったため、応用展開が難しかったグラフェンナノリボン(GNR)。名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)の伊丹健一郎教授、伊藤英人准教授、矢野裕太博士課程3年生らの研究グループは、リビングAPEX重合法という新しい高分子化反応を開発することで、長さや形などをそろえたGNRを精密合成することに世界で初めて成功した。すでに量産化に向けた企業との共同研究も進めており、様々な分野に大きな影響を与えそうだ。

なお、このNature論文については、研究不正が疑われる事態に至ったため、取り下げられました。また関連論文についても取り下げられ、現在、名古屋大学が調査を行っています。

 

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • デジタル版購読募集
  • 202204-202303_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール