科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > トリウム229のアイソマー状態生成

2019.09.20 研究・成果

トリウム229のアイソマー状態生成

会見に臨んだ岡山大の吉村浩司教授

 

数億年に1秒しかずれない原子時計よりも、1000倍から1万倍の精度を実現できるのがトリウム229を使った原子核時計だ。そのためには、自然界で最も小さなエネルギーで到達するトリウム229の第一励起状態(アイソマー状態)を実現する必要がある。岡山大学、産業技術総合研究所、理化学研究所、大阪大学、京都大学、東北大学、ウィーン工科大学、高輝度光科学研究センターの共同研究グループは、世界で初めてアイソマー状態を人工的に生成することに成功した。超精密原子核時計の実現に向けた大きな一歩だ。

 

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール