科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 北極海海氷面積が9月17日に今年の最小値

2019.10.11 研究・成果

北極海海氷面積が9月17日に今年の最小値

国立極地研究所と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、水循環変動観測衛星「しずく」に搭載している高性能マイクロ波放射計(AMSR2)による観測データを分析した結果、9月17日に、北極海の海氷面積が年間最小値となる396平方㌔㍍を記録し、その後増加に転じたことを明らかにした。
今回の観測面積は、今年の最小値とみられ、2012年に次ぐ衛星観測史上2番目の小ささとなった。また、数値予測モデルで算出した海氷の体積(海氷量)は2012年よりも小さくなっていた。このことは、北極海の海氷が2012年よりも薄くなったことを意味する。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • AMED-BINDS薬理学会_202002-03
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • ファインケミカル2020_202002-03
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール