科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > ヒトと共生できるイヌ 内分泌の変化で深まった絆

2019.11.01 研究・成果

ヒトと共生できるイヌ 内分泌の変化で深まった絆

麻布大学獣医学部の菊水健史教授らの研究グループは、ヒトとイヌの共生が可能となった原因に、内分泌の機能変化があったとする新仮説を発表した。ヒトとイヌ、イヌの祖先のオオカミを用いた実験と尿中のホルモン濃度の解析により導き出した。オオカミからイヌへの行動変化の背景に、不安や攻撃をつかさどるコルチゾールおよび社会認知に関わるオキシトシンという内分泌の変化があるという。ヒトとイヌとの収斂進化仮説を支持するもので、イヌの起源解明につながる成果と期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール