科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 大腸菌数測定の時間を大幅短縮

2020.02.21 研究・成果

大腸菌数測定の時間を大幅短縮

北海道大学大学院工学研究院の佐藤久教授とセルスペクトの平野麗子研究員らの研究グループは、一度に多数のサンプルの大腸菌数を安価で簡単に計測できる技術開発に成功したと発表した。大腸菌がもつ酵素を蛍光色素により高感度に検出。従来の培養による手法では24時間を要する測定を、同手法では2時間で行えることを確かめた。蛍光強度は大腸菌数に比例するため、大腸菌の有無だけでなく数も測定できるという。
大腸菌は大腸の中に存在し、自然界や食品には存在しないため、その存在は糞便による汚染を意味している。ほとんどの大腸菌はヒトに無害だが、糞便中には多種多様な病原菌が存在する可能性が高く、そのため大腸菌は汚染の判断基準「指標細菌」として、水や食品では、出荷前にこれらに含まれる大腸菌数の測定が法律で定められている。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • デジタル版購読募集
  • 202204-202303_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール