科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「国際連携でガン全ゲノム解析」理研や東大医科研など4600万個超の変異・異常同定

2020.02.14 研究・成果

「国際連携でガン全ゲノム解析」理研や東大医科研など4600万個超の変異・異常同定

国際連携による全ゲノムガン種横断的解析プロジェクト(PCAWG)は6日、38種のガンについて、2800例以上の全ゲノムシーケンス解析を行い、4600万個を超える変異・異常を同定し、その特徴を明らかにした。Nature誌で特集が組まれ、22本の論文が掲載された。プロジェクトに参加した理研生命科学研究センターの中川英刀チームリーダーは「今回、ゲノム解析の方法が標準化され、データセットができ、ガンゲノム医療の実現に向けた基盤ができた。今後、ガンゲノム医療を実現化していくためには、ゲノム変異・異常と薬剤効果と副作用との相関を解析する必要がある」と話す。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール