科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「科学的なトレーニング支援技術開発」NTT、早大などラグビー選手で有効性実証

2020.03.27 研究・成果

「科学的なトレーニング支援技術開発」NTT、早大などラグビー選手で有効性実証

NTTは、早稲田大学ラグビー蹴球部の協力を得て、ラグビー選手のストレングス&コンディショニング(S&C:身体能力向上と障害予防のための筋力強化などのトレーニング)の指導において、機能素材「hitoe(ヒトエ)」により培ったウェアラブル生体センサ技術と心理学アプローチを応用し、ワークショップ(WS)による行動変容介入手法を用い、科学的知見を活かしたS&C強化が可能なことを実証した。この実験は実験主体者であるNTT、被験者としての早大ラグビー蹴球部の協力に加え、ユーフォリアとアシックスが参画し、4者の協働で行われた。
早大ラグビー蹴球部のS&C部門は、科学的トレーニング手法を導入することでチーム強化の基盤づくりに取り組んでいる。今回はそこに、ユーフォリアが様々なデータを一元的に管理できるシステムを、またアシックスがウェア設計技術を、そしてNTTが「hitoe」をベースとしたウェアラブル生体センサと、先端的なデータ解析技術および対話研究で培ったWSの知見をそれぞれ提供することで、選手たちの取り組みを科学的にサポートする実証実験を行った。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202005-07
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール