科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「人文系の科学技術も対象」「イノベーション創出追加」政府が基本法等改正を閣議決定

2020.03.20 政策

「人文系の科学技術も対象」「イノベーション創出追加」政府が基本法等改正を閣議決定

政府は3月10日、科学技術基本法の改正案と科学技術・イノベーション活性化法の改正案などを閣議決定した。基本法改正案では、人文社会のみに係る科学技術とともに、イノベーションの創出を新たに対象に加えると同時に人材等の育成・確保についての施策を追加し、名称も科学技術・イノベーション基本法に変更する。基本法改正を受ける形で活性化法改正案では、研究開発法人の出資範囲拡大や日本版SBIR制度の見直しなどを盛り込んだ。竹本直一科学技術政策担当大臣は「科学技術の科学という言葉は人文も含んだ概念。現代社会ではプライバシーや倫理など、人文科学的な対応が必要になってきている。今回の改正は、次のステップに進む一つの区切りだ」と話す。改正法は来年4月1日に施行される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • AMED-BINDS薬理学会_202002-03
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • ファインケミカル2020_202002-03
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール