科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 朝食抜きは動脈硬化招く 順天堂大が2型糖尿病患者の生活調査

2020.03.20 研究・成果

朝食抜きは動脈硬化招く 順天堂大が2型糖尿病患者の生活調査

順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学の三田智也准教授、綿田裕孝教授らの研究グループは、朝食の欠食が2型糖尿病における血管硬化に悪影響を与えることを明らかにすることに成功した。

様々な生活習慣が、2型糖尿病の発症や発症後の血糖コントロールに影響を与えることが報告されているが、2型糖尿病患者の生活習慣と動脈硬化との関連性は十分に明らかにされていなかった。三田准教授によると「動脈硬化の危険因子となるような生活習慣を見いだし、その進展抑制のための治療につなげたいと考え、研究を開始しました」という。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • AMED-BINDS薬理学会_202002-03
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • ファインケミカル2020_202002-03
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール