科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 機械学習で高性能の磁気冷凍材料発見 NIMSが成果

2020.05.22 研究・成果

機械学習で高性能の磁気冷凍材料発見 NIMSが成果

次世代エネルギーとして有望な水素を活用するには、輸送や貯蔵がしやすいよう液化しなければならないが、圧力をかけて液化する現在の手法では、液化効率が25%と低い。NIMS国際ナノアーキテクトニクス研究拠点の高野義彦グループリーダー、寺嶋健成特別研究員、カストロ・ペドロ研究生らは機械学習を用いて、効率50%以上と言われる磁気を用いた冷凍方式の高性能冷媒として二ホウ化ホルミニウムが機能をすることを発見した。高野グループリーダーは「実際に合成してみると、計算で予測されたよりも高い性能を示した。逆のこともあるが、それも実験や理論に示唆を与えてくれる。機械学習を組み合わせることで実験の効率は大幅に上がった」と話す。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202005-07
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール