科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「国立大の定員を柔軟化」学部・学科の再編は届け出のみで

2020.05.29 政策 大学等

「国立大の定員を柔軟化」学部・学科の再編は届け出のみで

国立大学が学部・学科等を再編したり定員を変更するには、中期目標・計画を変更し、大学設置審議会による審査も行わなければならないため、機動的な組織再編ができなかった。文部科学省は、大学収容定員が変わらなければ、学部・学科の再編やそれぞれの定員を、各国立大学の自由裁量で柔軟に変更することができるようにすることを決めた。早急に制度の運用を変更するという。
大学の収容定員は、大学設置基準において、学科・課程を単位として、例えば、A学部の2年次は何人というように、学部ごとに定められている。定員の規模に応じて、教員数や校地・校舎の規模等も決まり、定員(学生数)に応じて運営費交付金も配分されている(学生経費)。さらに、入学定員(1年次)や収容定員(2年次以降)が超過すると、ペナルティとして超過した学生数分の授業料収入相当額を国庫に返納しなければならない。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202005-07
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール