科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「治療遺伝子をガン細胞に高効率送達」信州大と東芝がリポソーム技術共同開発

2020.06.05 研究・成果

「治療遺伝子をガン細胞に高効率送達」信州大と東芝がリポソーム技術共同開発

信州大学医学部の中沢洋三教授と東芝の共同研究グループは、ナノサイズの生分解性リポソームに内包した治療遺伝子を、ガン細胞に高効率に運ぶ「がん指向性リポソーム技術」を開発したと5月29日発表した。同社はT細胞型急性リンパ性白血病(T細胞ALL)を対象に、標的細胞に選択的に取り込まれる生分解性リポソームを作製。マウスに対する試験で、安全で選択的かつ高効率にリポソームが取り込まれ、内包した遺伝子が高い治療効果を発揮することを確かめた。リポソームは様々な治療標的細胞に選択的に取り込まれるよう設計できるため、広くガン治療につながる成果と期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202005-07
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール