科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「船底の塗料 水産物に残留?」北海道衛生研が調査

2020.06.05 研究・成果

「船底の塗料 水産物に残留?」北海道衛生研が調査

北海道衛生研究所食品科学部食品保健グループの藤井良昭主査らは、船底に貝類や藻類の付着を防ぐ目的で塗られている塗料(防汚塗料)の生鮮水産物および水産加工品に対する残留を調べることで、多数でこれら残留を確認したと発表した。液体クロマトグラフィー質量分析法(LC/MS/MS)で分析することでわかった。いずれも濃度は低いが、海藻類に魚介類より多く残留。最も残留の多い乾燥ワカメでも、一生の間毎日食べ続けても健康への悪影響はないという。環境や生物への影響評価につながる成果と期待される。成果は日本分析化学会の第80回分析化学討論会で発表された。同討論会は5月23~24日、北海道教育大学札幌キャンパスで開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大を考慮して現地開催は中止され、講演要旨集の発行をもって成立した。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202005-07
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール