科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「遺伝カウンセラーの国家資格化など」ゲノム医療推進へ学術会議が提言

2020.09.11 その他

「遺伝カウンセラーの国家資格化など」ゲノム医療推進へ学術会議が提言

日本学術会議は、ゲノム医療を推進する上で必要となる環境整備について、ガンや難病、生殖医療など領域ごとの課題や共通課題を整理するとともに、遺伝カウンセラーの国家資格化などを求める提言を公表した。
ゲノム医療は、ガン領域であれば、遺伝子検査が保険収載されるなど一般医療にまで広がっているが、難病領域では、欧米・アジア先進国で3000種類超の遺伝子検査が実施可能であるものの、日本で保険収載されているのは140疾患(群)に過ぎない。遺伝医学関連学会・団体では、ゲノム医療推進のために、人材育成の取り組み、全国遺伝子医療部門の組織化、ゲノムリテラシー向上の取り組みを行っている。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202008-10
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール