科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「ほぼ完全」マウス胎仔のミニ心臓 東京医科歯科大などが作製

2020.09.11 研究・成果

「ほぼ完全」マウス胎仔のミニ心臓 東京医科歯科大などが作製

東京医科歯科大学難治疾患研究所エピジェネティクス分野の石野史敏教授と李知英准教授の研究グループは、マウスES細胞から、心室と心房構造を持つ心臓オルガノイドの作製に成功した。9月2日に記者会見を開いて発表した。作成したのはマウス胎仔期14・5日目の1㍉サイズのミニ心臓で、細胞の自己組織化機能をうまく誘導・発揮させたことで、心室だけでなく心房を備えた世界初の心臓オルガノイドを実現した。できた心筋細胞の成熟度も高く、石野教授は「ほぼ完全なマウス胎仔の心臓ができたと考えている」と話した。今後は薬剤安全性を評価する心毒性検査の有用ツールなどになると期待している。

作製した心臓オルガノイド(ミニ心臓)

 

 

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • キーサイト-202008-10
  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール