科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 再発性腸炎患者の腸内細菌叢 糞便移植治療で機能回復するメカニズム解明

2021.02.26 研究・成果

再発性腸炎患者の腸内細菌叢 糞便移植治療で機能回復するメカニズム解明

大阪市立大学大学院医学研究科の植松智教授と藤本康介助教、東京大学医科学研究所附属ヒトゲノム解析センターの井元清哉教授ら、米国ブリガム・アンド・ウィメンズ病院は共同で、再発性Clostridioides difficile(C.difficile)関連腸炎患者の糞便移植治療で腸内細菌叢が機能回復するメカニズムを解明したと発表した。糞便移植治療が効果を示した患者の糞便の腸内細菌およびウイルスの全ゲノム解析を行い、機能や相互作用を解析。移植前後で腸内細菌が置き換わり、腸内細菌とウイルスが相互作用して機能が回復していることがわかった。効果的な治療法開発につながる成果と期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202107-09日立ハイテク
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール