科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「自分に向けられた無駄な動きが好き」名大など赤ちゃんの学習メカニズムの一端解明

2021.07.30 研究・成果

「自分に向けられた無駄な動きが好き」名大など赤ちゃんの学習メカニズムの一端解明

 

 

 

名古屋大学大学院情報学研究科の平井真洋准教授と大阪大学大学院人間科学研究科の鹿子木康弘准教授、専修大学人間科学部の池田彩夏講師らの研究グループは、生後4カ月と生後10カ月の乳児を対象とした実験で、乳児に玩具を差し出す非効率な動作が乳児の注意を喚起し、学習を促進することを明らかにしたと発表した。4カ月児は、自分に向けられた「非効率な(無駄な動きを伴う)動作」に効率的な動作より注意をひきつけられ、10カ月児ではその玩具の記憶が促進されることがわかった。乳児の学習メカニズムの解明につながる成果と期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202107-09日立ハイテク
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール