科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 悪性度高い前立腺ガン患者に特徴的な腸内フローラ

2021.07.30 研究・成果

悪性度高い前立腺ガン患者に特徴的な腸内フローラ

近畿大学医学部泌尿器科学教室の藤田和利准教授らの研究チームは、大阪大学大学院医学系研究科との共同研究により、日本人の悪性度の高い前立腺ガン患者に特徴的な腸内フローラを発見した。
前立腺ガンは、近年高齢化とともに発症数が増加し、国内では男性で最も多いガンとなった。食生活と密接に関連するガンでもあり、日本における罹患率上昇は、欧米型食生活の普及が一因であると言われている。一方、腸内フローラやその代謝産物は、大腸ガンなどの様々な疾患に関与することが最近報告されており、新たな治療ターゲットとして脚光を浴びている。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202107-09日立ハイテク
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール