科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 夜行性魚類の夜間の行動 光るタグで追跡 東大など

2021.11.26 研究・成果

夜行性魚類の夜間の行動 光るタグで追跡 東大など

東京大学総合研究博物館の小枝圭太特任助教と美ら海水族館の当真英之主任(当時)、琉球大学理学部の立原一憲教授の研究グループは、夜行性魚類のミナミハタンポに光るタグをつけて泳いで追跡することで、夜間の行動生態を解明したと発表した。ミナミハタンポは夜間に昼間のすみかのサンゴ礁から出て、サンゴ礁の外まで長距離移動し回遊していることがわかった。サンゴ礁生態系の解明につながる成果と期待される。
ミナミハタンポはスズキ目ハタンポ科に属する夜行性魚類で、体長は12~15㌢㍍(成魚)。日中はサンゴ礁域の水中洞窟などの暗がりで数十~数千個体の群れをつくっている。夜間は昼間のすみかから姿を消すことが知られていたが、その間の生態は不明だった。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202201R4予算セミナー
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール