科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「虐待でDNAがメチル化」不適切な養育が脳機能の低下招く

2021.11.26 研究・成果

「虐待でDNAがメチル化」不適切な養育が脳機能の低下招く

虐待などの不適切な養育(マルトリートメント)を受けた子供は、幸せホルモンとも言われるオキシトシン遺伝子のメチル化率が1.67倍高いことが分かった。福井大学子どものこころの発達研究センターの西谷正太特命助教と友田明美教授らの研究グループが、米エモリー大学医学部のアリーシャ・スミス准教授との共同研究により明らかにした。友田教授は「唾液で検査できるので、将来的には虐待の有無や治療効果の測定につなげていきたい」と話す。
虐待の相談件数は30年間で186倍になり、昨年度は20万件を超えた。一方、DNAメチル化は、後天的に変化し可逆性があるため、環境からの影響によって遺伝子の働きを制御するメカニズムとして注目されている。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202201R4予算セミナー
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール