科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「第4の細胞死」エレボーシス発見               理研、腸の恒常性維持の定説覆す

2022.05.13 研究・成果

「第4の細胞死」エレボーシス発見               理研、腸の恒常性維持の定説覆す

理研生命機能科学研究センターのユ・サガンチームリーダー

 

細胞死はこれまで、アポトーシス、ネクローシス、オートファジーが知られていたが、第4の細胞死であるエレボーシスが見つかった。理研生命機能科学研究センターのユ・サガンチームリーダー、ハンナ・シエシエルスキー国際プログラム・アソシエイト(現・神戸大学大学院医学研究科博士課程学生)、西田弘特別研究員(現・ハーバード大学研究員)、生理学研究所の古瀬幹夫教授らの共同研究グループが、腸の細胞を新陳代謝させる分子機構として発見した。ユ・チームリーダーは「従来、腸の恒常性維持にはアポトーシスが使われているというのが定説だったが、それを覆すことができた。またエレボーシスという新しい細胞死を発見できた。分子機構は明らかになっていないので、今後、メカニズムの解明に取り組んでいきたい」と話す。PLOS Biologyに掲載された。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • デジタル版購読募集
  • 202204-202303_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール