科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「認知症の病態を抑制」オートファジーが脳神経細胞を守る

2022.06.17 研究・成果

「認知症の病態を抑制」オートファジーが脳神経細胞を守る

 

量子科学技術研究開発機構量子生命・医学部門量子医科学研究所脳機能イメージング研究部の佐原成彦グループリーダーと小野麻衣子研究員らは順天堂大学、長崎大学などと共同でオートファジー受容体タンパク質「p62」を介したオートファジーが、認知症の原因とされるタウタンパク質凝集体の中でも毒性が高いタウオリゴマーを分解することで認知症の病態を抑制していることを明らかにしたと発表した。「p62」を欠損させた認知症モデルマウスでは記憶に関わる海馬で顕著なタウオリゴマーの蓄積と脳の萎縮、炎症の亢進が観察された。認知症の治療法開発につながる成果と期待される。成果は国際科学誌「Aging Cell」6月5日号に掲載された。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • デジタル版購読募集
  • 202204-202303_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール