科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 航空機で高精度に台風観測 琉球大、気象庁など共同

2018.08.10 研究・成果 大学等 研究機関

航空機で高精度に台風観測 琉球大、気象庁など共同

記者会見に臨んだ研究者。右から坪木教授、山田准教授、伊藤助教、山口主任研究官

 

琉球大学理学部物質地球科学科の伊藤耕介助教と山田広幸准教授、名古屋大学宇宙地球環境研究所の坪木和久教授、気象庁気象研究所の山口宗彦主任研究官らの研究グループは、台風の予測精度向上を目的に昨年実施した台風第21号の航空機観測の結果を解析し、従来の衛星画像等による推定との間に、中心気圧で最大15ヘクトパスカル程度の差があることを明らかにしたと発表した。航空機観測により得られたデータを予測に用いることで、進路や豪雨の予測精度が高められることもわかった。減災・防災へ役立つことが期待される。成果は日本気象学会のオンライン誌「Scientific Online Letters on the Atmosphere」で7月28日公開された。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201811-2019-03
  • オカムラ_201809-201903
  • PHC_201809-201903
  • 科学新聞 デジタル版 購読申込はこちら
  • 科学新聞 ウェブ広告 募集中

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール