科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。
毎週金曜日発行

TOP > 最新記事一覧 > 研究者の論文執筆にAI利用浸透 カクタスが調査

2024.05.17 その他

研究者の論文執筆にAI利用浸透 カクタスが調査

カクタス・コミュニケーションズ(湯浅誠代表取締役)は、論文執筆におけるAI利用について同社サービスのユーザーなど研究者約450人を対象に調査し、AIツール利用の急速な浸透が明らかになったと4月25日発表した。一昨年と比較してAIツールの利用度が増加したと75%が回答。使われているAIツールの上位約70%は無料で公開されているツールであることもわかった。
調査は今年3月25日~4月8日に、同社の英語論文校正サービス「editage」やAI英語論文執筆支援ツール「Paperpal」を利用している研究者や協力研究者452人を対象に実施。論文執筆時のAIツールの利用状況や利用ツールの種類、目的などを尋ねた。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail
  • 202312-202412バイテク情報普及会A案
  • デジタル版・SNW購読募集
  • 202304-202403_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール