科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > マウスES細胞から卵巣組織再生 「世界初」九大が成功

2021.07.23 研究・成果

マウスES細胞から卵巣組織再生 「世界初」九大が成功

林克彦教授

 

吉野剛史助教

 

九州大学大学院医学研究院の林克彦教授、吉野剛史助教、理研生命医科学研究センターの鈴木貴紘上級研究員らの研究グループは、世界で初めてマウスのES細胞から胎児卵巣様体細胞(FOSLCs)を再構築することに成功し、それらから機能的な卵子を作出した。これまで様々な動物種で、iPS細胞やES細胞から始原生殖細胞を分化することはできているが、それを卵子にするためには胎仔から取り出した卵巣が必要だった。今回の成果により、ES細胞だけで卵子を作製できるようになり、実際、212個のES細胞由来卵子から11個体が出生した。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202107-09日立ハイテク
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール