科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 国際生物学賞にホワイト博士 古人類学研究に大きな影響

2021.09.17

国際生物学賞にホワイト博士 古人類学研究に大きな影響

ティモシー・ダグラス・ホワイト博士(日本学術振興会提供)

 

日本学術振興会は、国際生物学賞委員会(委員長=藤吉好則・東京医科歯科大学特別栄誉教授)を開催し、第37回国際生物学賞の受賞者をカリフォルニア大学バークレー校統合生物学教授のティモシー・ダグラス・ホワイト博士(71歳)に決定した。
今回の授賞対象分野は「ヒト進化の生物学」。ホワイト博士は、1950年生まれ。95年からカリフォルニア大学バークレー校統合生物学教授で、同校の人類進化研究センター所長と生命・自然科学特別教授でもある。ホワイト博士は、様々な段階の人類化石およびその周辺の動物相および環境(古環境)資料の発見と分析を通じて、人類の進化過程についての我々の理解に多大な影響を与えている。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202107-09日立ハイテク
  • 202104-202203_オカムラ
  • 202104-202203_PHC
  • 日本分光_201904-202003

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール