科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 新型コロナウイルス変異株 抗体量を8分で自動測定          理研がシステム開発

2022.08.05 研究・成果

新型コロナウイルス変異株 抗体量を8分で自動測定          理研がシステム開発

理研創発物性科学研究センターの秋元淳客員研究員(アール・ナノバイオ上級研究員)、伊藤嘉浩チームリーダー、森島信裕客員研究員、千葉大学大学院医学研究院の中島裕史教授らの共同研究グループは、指先から1滴(5マイクロリットル)の血液を採り、新型コロナウイルスの各種変異株に対する抗体量を、8分で自動測定するシステムを開発した。伊藤チームリーダーは「感染流行中に個人がさらにワクチンを接種するかどうかを、病院等で検査することで判断できるようしていきたい」と話している。Analytical Sciencesに掲載された。
共同研究グループは、新型コロナウイルスを構成するヌクレオカプシドタンパク質とスパイク・タンパク質、さらに変異株6種のスパイクタンパク質を一つのマイクロアレイチップ上に固定化し、それら複数のタンパク質に対する抗体量を完全自動で定量測定できることを示した。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • デジタル版購読募集
  • 202204-202303_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール