科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「大規模集積量子メモリ実現へ一歩」横浜国大が成果

2022.08.05 研究・成果

「大規模集積量子メモリ実現へ一歩」横浜国大が成果

横浜国立大学大学院の関口雄平助教(左)と小坂英男教授

 

横浜国立大学大学院工学研究院/先端科学高等研究院の関口雄平助教、小坂英男教授らは、ダイヤモンド中の窒素空孔中心(NV中心)からなるスピン量子ビットを、マイクロ波とレーザーを組み合わせた光アドレス量子ゲート方式によって、高空間分解能かつ高忠実度に制御することに成功した。ダイヤモンドを用いた大規模集積量子メモリや量子プロセッサのための中核技術として、量子コンピューター、量子通信の飛躍的な性能向上に寄与し、量子インターネットの構築に道を拓くものだ。小坂教授は「これまでは材料から個々のデバイスの段階の研究を進めてきたが、今後、それと同時にシステム構築も進めていきたい」と話している。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • デジタル版購読募集
  • 202204-202303_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール