科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > アルパカから抗体創出 新型コロナウイルス中和         すべての変異株に有効か

2022.08.05 研究・成果

アルパカから抗体創出 新型コロナウイルス中和         すべての変異株に有効か

 

京都大学大学院医学研究科の高折晃史教授、大阪大学大学院生命機能研究科の難波啓一特任教授、藤田純三特任助教(常勤)、COGNANOなどの研究グループは、大阪大学感染症総合教育研究拠点/微生物病研究所、横浜市立大学、東京大学の研究グループとの共同研究によって、ラクダ科の草食動物「アルパカ」を利用して、新型コロナウイルスのオミクロンを含む全ての変異株に対して、これまで使用されてきたどの治療用抗体製剤よりも中和活性が高いナノボディ抗体を創出した。Communications Biologyに掲載された。
ウイルスは、表面のスパイクタンパク質が受容体であるACE2に結合して感染する。この受容体の結合部位は、受容体結合ドメイン(RBD)と呼ばれており、中和抗体(ワクチン免疫血清、ヒト治療抗体)は、RBDに結合することで、ウイルス感染を阻害する。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • デジタル版購読募集
  • 202204-202303_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202106-202205キーサイトテクノロジー
  • 202104-202203_オカムラ

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール