科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。
毎週金曜日発行

TOP > 最新記事一覧 > イルカの糞から年齢推定 三重大など手法開発

2024.01.01 研究・成果

イルカの糞から年齢推定 三重大など手法開発

イルカをはじめとする野生動物の年齢推定には、寿命を超える長い期間での観察研究や、捕獲する方法が一般的であるため、長寿の野生動物の年齢推定はきわめて難しい。三重大学大学院生物資源学研究科の八木原風博士後期課程学生は、森阪匡通教授、吉岡基教授(現・三重大学理事)、京都大学野生動物研究センターの村山美穂教授、京大理学研究科の斉惠元博士後期課程学生、新井花奈博士後期課程学生、東海大学生物学部海洋生物科学科の北夕紀准教授、御蔵島観光協会の小木万布さんとともに、糞の中に含まれるイルカのDNA情報から年齢を推定する手法を開発した。野生水生動物の糞などの非侵襲的な試料由来のDNAに対して、初めてエピジェネティッククロック解析に成功した事例だ。ミナミハンドウイルカの生態理解と保全に役立つだけでなく、他の野生動物への応用への第一歩となる可能性がある。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail
  • 202312-202412バイテク情報普及会B案
  • デジタル版・SNW購読募集
  • 202304-202403_PHC
  • 202112-202208日本分光PR-1s/PR-1w
  • 202112-202208日本分光FT/IR-4X
  • 202104-06_サイエンスジャパン
  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール