科学技術の進歩に寄与し
豊かな社会発展に貢献する
唯一の専門紙です。

TOP > 最新記事一覧 > 「脳出血後のリハビリで第2第3の神経活性化」多層の回復システム存在

2019.09.20 研究・成果

「脳出血後のリハビリで第2第3の神経活性化」多層の回復システム存在

脳出血により運動機能が損なわれても、リハビリを行うことで回復することができる。しかし、その回復過程で神経回路同士がどのように機能を分担するのかはわかっていない。名古屋市立大学大学院医学研究科の飛田秀樹教授、石田章誠講師らは、京都大学医学研究科の伊佐正教授らと共同で、脳出血ラットに集中的なリハビリを行うことで、まず大脳皮質の運動野と脳幹の赤核を結ぶ軸索が増加するが、この回路がうまく働かない場合には運動野と網様体の軸索が増加するという、多層の回復システムが存在することを明らかにした。効率的なリハビリ手法の開発につながると期待される。

  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Mail

いつでもどこでも!
便利なデジタル・スマホ版のご案内

送料無料で定期購読できます!
年間購読でさらにお得!

  • 日本分光_201904-202003
  • PHC_201904-202003
  • キーサイト-電源
  • オカムラ_201809-201903

毎週金曜日発行

送料無料で定期購読!

  • カイロジャーナル
THE SCIENCE NEWS
  • facebook
  • twitter
  • Google +
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • 購読申込
  • メール